白髪染めの人気を見てみよう!

白髪染めの人気は、どれ?

市販されている白髪染めの中で人気の高い商品は?


45435

白髪染めといえば、一人でやるのはなかなか面倒という人もいます。そのため美容院で行う人も多いです。美容院で行う白髪染めは、一人一人の髪の毛の状態や頭皮の状態などに合わせて、薬液を調合するため髪や肌にダメージを受けることを最小限に抑えて、一気に染め上げることができます。

しかし、白髪を染めるだけのために美容院へ行くのは面倒、忙しくて時間がないという人のために、白髪染めが市販で販売されています。

市販品であれば、自分で好きなときに自分で染められるので気兼ねなく染められ、しかも美容院より安く染めることができるので大変人気です。

今やドラッグストアやスーパーの化粧品売り場などでも販売されている市販の白髪染には様々な種類のものがずらりと並んでいます。どのような種類のものがあり、どのような商品が人気があるのでしょうか?

人気があるのにはわけがある!白髪染めの種類と特徴

市販の白髪染めを購入する際、様々な商品がずらりと並んでいるため、いったいどれを選べばよいのかわからなくなってしまいます。

白髪染めには、ヘアカラータイプの白髪染めと、ヘアマニキュアタイプ、トリートメントやシャンプータイプなどのものがあります。

その中でも人気が高いのは、ヘアマニキュアやトリートメントタイプの白髪染です。ヘアマニキュアはヘアカラーとは違い、髪の中まで色を浸透させないため、色もちはヘアカラーに比べると劣りますが、その分髪や肌にダメージが少ないです。

また、トリートメントタイプの白髪染めは、一回ですぐに目的の色まで染まることはないですが、トリートメント成分が配合されているため、毎日使っても問題ありません。

毎日のトリートメント代わりに、トリートメント白髪染めを使用することによって、白髪を徐々に目立たなくしてくれるほか、髪の毛をつやつやにします。

ヘアカラーやヘアマニキュアタイプだと、白髪が伸びてきたらまた、染め直ししなければなりませんが、トリートメントタイプの白髪染めであれば、ずっと使い続けることで白髪が全く目立たなくなるので髪や頭皮へのダメージも少なくて済みます。

ヘアマニキュアもトリートメントタイプの白髪染めも肌に優しく人気がある商品ですが、色を楽しみたいのであればヘアマニキュア、より髪や肌へのダメージを抑えたい人ならトリートメントタイプの白髪染めが人気があります。

白髪染めで人気のある色は、どれ?

 

huhkjh
白髪を染めて目立たなくさせるためには、様々な白髪染めの中から自分に合った白髪染めを選ぶことが大切です。白髪染めを選ぶ際のポイントとなるのは、成分のほかに価格やコストパフォーマンス、色なども大切です。

特に白髪染めの場合、明るく染めた色を濃く染めなおすことはできますが、濃く染まってしまったものを明るく染めなおすことはできません。

また、ヘアマニキュアやヘアカラータイプの白髪染めは、1度で染まるのが魅力的ですが、肌に刺激が強い成分も含まれているため、できれば最初から自分が気に入った色を選ぶようにしたいものです。

美容院へ行けば、様々なタイプの白髪染めがあり、色も豊富にそろっているため、相談しながら選ぶことができます。しかし、市販やネット通販などで白髪染めを購入する場合、相談できる相手はいません。

では、白髪染めで人気が高い色はどのような色なのでしょうか。また、自分に合った色を選ぶにはどうしたらよいのでしょうか?

イメージ通りの色に染まらないこともある白髪染め

美容院で染める場合、一人一人の髪質などを見極めたほか、眉毛の色や顔の色などを総合的に判断して自分に合った色に染めてくれますが、自分で染めるとなるとお店などで置いてある、染まり具合のイメージや、白髪染めの箱についているイメージでしか選ぶことができません。

白髪染めでイメージとして使われているものは、人間の髪質に近いブタの毛を染めたものですが、すべての人が同じ毛質ではありません。

髪の毛の質や、髪の毛の本来の色などで仕上がりイメージが異なるため、まずは自分が気になっている色合いの明るめの色で染めて、徐々に自分の好みの色にしていくことが大切です。

人気が高いのは自然な髪色になりやすい、モカブラウンやダークブラウンなどのブラウン系やブラックが人気です。

ほかの色だと体調や染め方などによってもムラができやすく、うまく染まりにくいことが多いのですが、少し濃いめのブラウン系やブラックであればきれいに染めることができます。

また、ブラックであれば、メーカーを変えてもほとんど同じ色で染めることができるため、安心の色です。

ヘアカラーやヘアマニキュアで染めた場合、白髪が伸びてしまうとグラデーションができてしまい恥ずかしくなります。

それを防ぐためにはトリートメントタイプの白髪染めを継続して使用することで、毎日少しずつ白髪が隠されていくため、染めた部分から白髪に向かってグラデーションになる心配もありません。

トリートメントタイプの白髪染めが人気の理由

 

ggttgtt
白髪染には実に多くの種類があります。メーカーだけでもたくさんあるのに、その中でもクリームタイプや液状タイプ、ヘアマニキュアやトリートメントタイプのものなど様々な種類があって、なかなか選ぶことができません。

しかし、自分で染めたことがある人なら少なからず体験したことがある人も多いと思いますが、少し体調がよくなかったり、肌が弱かったりすると、ヘアカラータイプの白髪染めは肌トラブルを引き起こし、かゆみや痛み、炎症などを起こしてしまうことがあるのです。

これがアレルギー反応であった場合、アレルギーを引き起こす原因となった成分が含まれている商品を再び使用することで益々症状が悪化することになります。

白髪染めは白髪が気にならなくなるまで使い続ける商品なので、安全に使用するためにはトリートメントタイプの白髪染めがおすすめなのです。

白髪染めで肌トラブルを引き起こす原因はこれだ!!

市販のヘアカラータイプの白髪染めの多くには、髪の毛の中まで色を浸透させるために、ジアミンという化学物質を利用して作られた染料が含まれています。

白髪染めで起きる様々な頭皮や髪の毛のトラブルは、主にこのジアミンという成分のアレルギー反応と考えられています。

ジアミン系の化学物質に対するアレルギーを一度引き起こしてしまうと、アレルギー反応は一生消えることはありません。そのため、ジアミン系の成分を含んでいない商品を選ぶことが大切です。

しかし、実際には市販されているヘアカラータイプの白髪染にはほとんどジアミン系の薬剤が使用されています。

そこでヘアマニキュアやトリートメントタイプの白髪染めが人気となっています。しかし、ここで問題になるのは使用頻度です。

白髪染めは白髪が気になる人が使用するものなので、白髪が目立っている間は使用を続けることになりますが、ヘアマニキュアタイプのものは使い続けると髪の毛が収斂して硬くンってしまい、染まりにくくなってしまいます。

そこで話題を集めているのがトリートメントタイプの白髪染めというわけです。トリートメントタイプの白髪染めは、髪の毛や頭皮にダメージを与えるような成分は一切ふくまれていません。

逆に、トリートメント成分を重要視し、使い続けても問題ないくらい穏やかな成分です。もちろんアレルギーを引き起こすジアミン系の成分も含まれていないので安心して使用できます。

色の種類はヘアカラータイプやヘアマニキュアに比べると選べる色は少ないですが、安全性を考えるとやはりトリートメントタイプが人気が高いです。

 

人気の理由
カテゴリ
最新の投稿