白髪染めの人気を見てみよう!

白髪染めの人気は、どれ?

白髪染めを使って上手に染めるコツ

読了までの目安時間:約 4分
 

vhjh

白髪染めには様々な種類のものがあります。ヘアカラータイプのものだと、クリーム状のものや液状タイプのもの、泡状のタイプなどあります。

そのほかにヘアマニキュアやトリートメントタイプ、シャンプータイプなどがあります。肌に優しく、手軽にじっくりと染めていきたいなら、シャンプータイプやトリートメントタイプがおすすめです。

1回でしっかり染めたい場合には、肌質が弱くない場合にはトリートメントタイプ、肌が弱いならヘアマニキュアタイプを使用します。

色もいろいろあります。自分で白髪染めを行う場合、どうしても髪の仕上がりの色具合で判断しやすいですが、眉毛との色味があまりに違うと、眉が浮いて見えたりすることがあるため、できるだけ眉の色と近い色を選ぶとよいです。

また、仕上がりの色見本は、豚毛を使用して染めていますが、個人の髪質や白髪の量によって、同じ色でも違いが出てくることがあるため注意が必要です。

人気が高いのはブラウン系の色ですが、ダークブラウンやモカブラウンなどの落ち着いた色を選ぶと、失敗が少なくなります。明るめの色を選択した場合、白髪が多い人だとその部分だけ明るく見えてしまいます。

髪の毛が太い場合には長時間放置しなければなかなか染まりにくいですが、髪の毛が細い場合、放置する時間が長すぎると明るい色になりすぎてしまうので、放置時間を若干短くするなどの工夫も必要です。

各白髪染めの特色を生かして上手に白髪染を行おう

 

肌が弱くなく、どんな刺激にも負けないような強い肌を持っている場合には、通常のヘアカラーで染めるのが一番手軽です。

染める手順は若干面倒ですが、準備するものをしっかり準備して、パッチテストさえクリアできたら、あとは使用上の注意事項や使い方を見ながらその通りに染めていくだけです。

クリームタイプなら液だれの心配もないので、直接白髪に塗ることで無駄なく染めることができます。

液状タイプは若干液だれがあり、耳周辺や首、肩などに液がついてしまうことがあるので、ケープをかけるか、クレンジングクリームなどをあらかじめ塗っておき、流すとき一緒に洗い流せば、液だれの心配がいりません。

髪全体になじみやすいので白髪が多い人や初心者でもしっかり染めることができます。

トリートメントタイプやシャンプータイプは、通常のシャンプーやトリートメント使用する要領で、徐々に白髪を目立たなくさせていきます。

毎日でも使用できるので、白髪が目立ってきたら、通常のシャンプーやトリートメントを白髪染めに帰るとよりきれいな仕上がりになり、髪や地肌も汚されます。

どのタイプの白髪染めも、効果的に染めるためには温度が高いほうが良いので、髪に白髪染めをなじませた後、シャワーキャップをかぶせたり、頭をラップでくるんで放置するとより効果的に染まります。

放置時間は、髪の毛が細い人は標準の放置時間より若干短めに、紙の太い人は標準放置時間より若干眺めに放置するときれいです。

 

この記事に関連する記事一覧

人気の理由
カテゴリ
最新の投稿